子どもも泣き出す超ゆるキャラ「オカざえもん」が岡崎市のアート広報大臣に就任

2013年04月05日 15時59分

2013年04月05日 17時07分

オカざえもん/Facebook
オカざえもん/Facebook

岡崎市のご当地ゆるキャラ「オカざえもん」が話題となっている。

あまりの不気味さに、見た瞬間子ども達が泣き出す程、強烈なインパクトを放っているのは、顔が「岡」、胸には「崎」の文字をつけた岡崎市の非公式キャラクター「オカざえもん」だ。「オカざえもん」は、作家の斉と公平太さんが、あいちトリエンナーレ事業の1つとして開催された「岡崎アート&ジャズ2012」に出品した作品。会期中から人気を呼び、この4月にはなんと、岡崎市のアート広報大臣に任命されたという。

ゆるキャラだけに、かなり濃厚でシュールなインパクトを放つ「オカざえもん」だが、、街には「岡ギャル」と呼ばれる、「オカざえもん」の顔を真似た「岡」の字をもじったマスクを装着した女性が出没したり、SNSでは、ネットユーザー達がオリジナルで作った「オカざえもん」を型どったケーキやオムライスの写真が投稿され、地元では盛り上がりを見せているようだ。

ただ、ネットユーザーからはかなり不評のようで、やっつけ仕事だな」「怖いわ」「きめぇ」との声があがっていた。果たして、「くまモン」につづく、ゆるキャラ界のダークホースとなるか。今後に期待したい。

動いている様子

YouTube Preview Image

グッズのiPhoneケースもハイクオリティ

APPLE MAGIC/楽天

関連記事