朝食を食べない人よりも、時々食べる人の方がメタボになるリスクが高いと判明!!

Text by

  • 16
123RF

123RF

忙しい朝。健康のためには朝食を食べた方が良いとわかっていても、ついないがしろにしてしまう人は多いのでは?しかし、朝食を全く食べないよりも、時々朝食を食べている人の方が、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になるリスクが高いことが、東京慈恵会の調査でわかった。

東京慈恵会医大総合検診・予防医学センターの和田高士教授は、2004年~09年に同センターで人間ドックを受けた人の記録を調査。脂質、血圧、血糖値に加え、腹囲が、男性では85センチ、女性では80センチを超える人をメタボとする基準を設定し、初回の検診でメタボではないと判断された30~59歳の男女6104人の翌年以降の結果を、一週間で朝食を食べる回数別に分析した。

その結果、男女ともに「週2日」朝食を食べる人が、最もメタボになるリスクが高く、毎日食べる人と比較すると、男性では1.9倍、女性では4.5倍も高いことがわかった。さらに、ほとんど食べない人は、毎日食べる人とほとんどリスクは変わらかったそうで、時々朝食を食べる位なら、“毎日食べない方がまし”と言えそう。

 和田教授はこれについて、「不規則に朝食をとると空腹時間の長さが乱れるため、体が内臓脂肪をためこんでエネルギー量を調整する」ためかもしれないと説明している。

これを受けネットユーザーからは「毎日食べてるけどメタボだけど?」との疑問の声や、「朝食を食べたり食べなかったりする人は、他のことでも生活が不規則だからじゃないか?」との分析の声があがっていた。何はともあれ、規則的であることは、やっぱり健康に良いのかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking