【SNS上の人格事情調査】多くの人は友だちがSNSとリアルで人格が変わることに好意的と判明

Text by

  • 4
Flickr_Mehfuz Hossain

Flickr_Mehfuz Hossain

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、SNS(ソーシャルネットワークサービス)ユーザーの20~30代男女300名を対象に、SNSの使い分けなどを聞く「SNS上の人格事情」調査を行った。

調査ではまず、利用しているSNSを質問。1位は「Twitter」で89.3%と最も多く、続いて「Facebook」が69.0%、「mixi」が62.0%という結果だった。また、登録が実名か匿名かの質問では、「Twitter」は80.6%と5人に4人が匿名で利用、実名登録が必須のはずの「Facebook」でも5人に1人以上が匿名で登録しいると判明。さらに、37.3%の3人に1人以上が「友人・知人の誰にも知らせていない」秘密のSNSアカウントを持っていることがわかった。

友人に秘密のアカウントを持つ理由は「仕事関係のものと趣味のものをわけたいので」「自分だとバレたくないので」など、人それぞれの事情があるようで、多くのSNSユーザーは、SNS間、あるいはSNSとリアルとの間で、人格を使い分けているという。

使い分けは例えばこんな感じだ。「Facebookやブログでは真面目な人間。Twitterでは楽しい人」(20代・男性)、「Twitterではふざけた感じ。ブログでは女の子らしい感じ」(20代・女性)など。

ところが、巧妙に人格を使い分ける友人・知人に対し、裏表があってコワイと感じる人が多いかと思いきや、若い世代では、SNS上の人格の使い分けに対しては意外と好意的なよう。「ソーシャルメディア上とリアルで人格が異なる人を見てどのように感じますか?」との問いには、「普通だと思う」と回答した人が38.2%で、その他「その人の本心を知ることができると思う」(24.5%)、「面白いと思う」(21.8%)など、好意的に捉える意見が多くあがっていた。

ちなみに、「どちらが本性なのか分からなくなる」という意見は30.9%。こちらも少なくはないので、混乱を与えてしまわないようご注意を。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking