日本人女性の神業パフォーマンスがネットで話題騒然 羽根一枚で魅せるバランスの世界

2013年05月15日 11時30分

2013年05月17日 15時39分

Miyoko SHIDA / YouTube
Miyoko SHIDA / YouTube

日本人女性が魅せた神業パフォーマンスがネットで話題となっている。

スペインのテレビ番組に出演したことで話題騒然となっているのは、日本人舞踊家で、現在スイスのパフォーマンス集団リゴロ・ヌーボー・シルクに在籍するシダミヨコさんのパフォーマンス。ヌーボー・シルクとは「新しいサーカス」の意味で、シルク・ドゥ・ソレイユに代表される、芸術性の高い曲芸を行うエンターテインメントのこと。

「Sanddornbalance」と名付けられたこのパフォーマンスは、最初、一枚の羽根を一本のスティックに乗せるところから始まり、木のスティックをバランスを取りながら恐竜の骨のように組み上げて行くもの。スティックは最も長いもので3メートル、合計重量は4.7キログラムだそうで、シダさんの感性と集中力から生み出される静寂なる世界が、観る人をぐいぐいと引き込んでいく

この動画についてネットユーザーからは「うおおおおおおなんだこれすげえ」「地味だけどすげえな地味だけど」と感嘆の声があがる他、このパフォーマンスの鍵となるラストシーンについて、「ラストのためだけでも見る価値がある」「最後すげええええええええええwwwwwwwwwww」とコメントしている。

とってもゆっくりとした動画だが、ぜひ最後までご覧いただきたい。一枚の羽根が魅せる絶妙なバランスの世界に、とても大きなメッセージが隠されている。

Miyoko SHIDA / YouTube

YouTube Preview Image

関連記事