人は夜でも熱中症にかかる!?就寝時には5~15度のお水を飲むべし

Text by

  • 3
flickr_ [cipher]

flickr_ [cipher]

夏本番に突入し、連日のように熱中症に関するニュースが聞こえて来るこのごろ。昼間に水分補給などで熱中症対策をしている人は多いが、実は夜間も対策を講じる必要があるという。

ステンレス魔法瓶などを製造・販売するサーモスはこのほど、10代~60代の男女600名を対象に「夏の夜の熱中症対策(暑さ対策含む)に関する意識調査」を実施。約半数の人が、夏の夜に熱中症にかかった可能性があることがわかった。

サーモスによれば、就寝中は汗をかいたり呼吸で水分が蒸発したりすることにより、ある程度の水分が失われ、脱水状態に陥って熱中症になるリスクがあるそう。そのため、就寝前や夜中に目を覚ました際には、水分補給を行う必要があるという。

しかし、昼間に熱中症対策として水分補給を行っている人は90%以上いても、就寝時に水分補給を意識している人は全体の約半数だけ。残りの半数の人は、就寝時の水分補給には無頓着のようだ。

さらに、横浜国立大学 教育人間科学部 田中英登教授によると、熱中症対策における水分補給には、適切な水の適温があるそうで、5℃~15℃の水が最も身体への吸収性が良いことが実験で分かっている。というわけで、氷入りの水などもってのほか。適温の水分を摂取して有効に熱中症対策を行いたい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking