東京を愛しているのは東京出身者だけ!?都外出身者「老後も東京で暮らしたい」は3割以下

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

年々増える日本の首都、東京の人口。東京を目指す人は多いが、実際、東京都民は「東京」についてどう思っているのだろうか。 

不動産事業を展開するオープンハウスが、7月17日の「東京の日」を前に、東京23区内に居住し、住宅購入を検討している30代~40代既婚男女を対象に行った「『東京』への愛情に関する意識調査」によると、実は東京都民はさほど東京に「憧れ」を抱いておらず、東京への「愛」を持っているのは、ずっと東京で生まれ育った都内出身者であることがわかった。

 調査では、「都内出身者」と「都外出身者」に分けて東京への思いを質問。その回答がこちら。

<「『東京』への愛情に関する意識調査>

「東京」は憧れの存在である: 都内出身者:5.0% 都外出身者:15.0%

東京に憧れている人はほんのわずか。「憧れる」という気持ちは、上京前には抱いていいても、実際に住んだら忘れてしまうのか!?

「東京」は身近な存在である: 都内出身者:55.0% 都外出身者:30.0%

東京を身近と感じるのは地元出身者である都内出身者の方が圧倒的に多かった。一方で、地元東京を身近に感じていない人は都内出身者で45%も!日々開発され変わり続けている東京は、都内出身者にとっても遠い存在なのか。

 「東京」での生活は快適である: 都内出身者:39.0% 都外出身者:25.0%

「快適である」「どちらかというと快適である」を合わせると都内出身者は95%、都外出身者は88%にのぼり、概ねどちらも快適に暮らしているようだが、はっきりと「快適である」と回答した人を見ると、都外出身者の方が断然少ないことがわかる。

今後も「東京」で仕事をしたい: 都内出身者:66.0% 都外出身者:49.0%

都内出身者では66%が今後も東京で仕事をしたいと回答しているが、都外出身者では49%と大きな差が開いた。

今後も「東京」で子育てや教育をしたい: 都内出身者:49.0% 都外出身者:31.0%

全体では84%の人が「今後も東京で子育てや子供の教育をしたい」「どちらかと言うとしたい」と回答。子供への教育は、高水準な教育を受けられる東京でと考える人が多いようだ。

老後も「東京」で生活していると思う: 都内出身者:55.0% 都外出身者:25.0%

老後も東京で暮らしたいと明確に回答した人は、都内出身者が圧倒的に多く、都外出身者ではわずか25%にとどまった。

「東京」を愛している 都内出身者:36.0% 都外出身者:11.0%

 

最後の質問はズバリ、「『東京』を愛している」かどうか。こちらも圧倒的に都内出身者の方が多く、やはり東京は都内出身者にこそ愛されていることがよくわかる。

(オープンハウス調べ)

以上を見てみると、やはり都内出身者の方が「東京は快適」「ずっと東京で暮らしたい」「東京を愛している」という思いが強いことがわかる。また、都内出身者と都外出身者では、その「思い」に大きな違いがあることがわかった。一方で、明確に「『東京』を愛している」と回答した人の割合は伸びきらず、もしかすると、東京はさほど「愛されていない」のかも?という疑問が浮かび上がってくるが、いかがだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking