日本人の英文法ミス 3割が「the」や「a」の書き忘れや書き間違いと判明!!

Text by

  • 13
flickr_Skakerman

flickr_Skakerman

2013年4月に日本に上陸した英文チェッカー「Ginger(ジンジャー)」を提供するGinger Software Incは、同サービスを利用した日本人ユーザー70,000人を対象に、英文ライティングで間違えやすい文法について利用データの文法ミス1億件を分析。そのトップ5を発表した。

<間違えやすい文法トップ5(日本 vs.グローバル)>

1位 定冠詞「the」の書き忘れ(20.2% vs. 16.8%)

2位 普通名詞と固有名詞の使い間違い – “earth”と”Earth”など(19.2% vs. 13.8%)

3位 不定冠詞「a, an」の書き忘れ(11.0% vs. 9.2%)

4位「everyday」や「every day」など複合語の使い方(10.3% vs. 14.4% )

5位「from」「into」「with」など前置詞の選択(8.1% vs. 8.1%)

(Ginger Software Inc調べ)

1位は「定冠詞『the』の書き忘れ」、3位は「不定冠詞『a, an』の書き忘れ」で、世界各国のグローバル基準と比べても、日本人は「the」や「a」が苦手なことがわかった。実際、「the」や「a」の書き忘れや書き間違いは、文法ミスの約3割を占めるそう。

自然言語処理および統計分析の専門家で、Ginger Software創業者のヤエル・カロブCEOはこの結果を受け「『the』を使い忘れたり、固有名詞を大文字で書くのを忘れてしまったりするのは、日本人に限ったことではなく、私を含め英語を母国語としない人たちにとっては共通の間違えやすいポイントではないだろうか」とコメントしている。

調査期間は2013年4月24日~7月2日。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking