【知ってた】「ディスプレイ」より「紙」の方が、脳は情報をちゃんと理解すると判明!!

Text by

  • 367
shutterstock

shutterstock

パソコンやタブレットなどの「ディスプレイ」よりも、「本」などの「紙媒体」では脳の理解度が違うという話は聞いた事はあるが、実際はどうなのだろうか。

トッパンフォームズはこのほど、ダイレクトマーケティングのニューロ・テクニカとともにダイレクトメール(DM)に関する脳科学実験を実施し、「ディスプレイ」よりも「紙媒体」の方が情報を理解させるのに優れていることを科学的に確認した。

実験は国際医療福祉大学の中川雅文教授(医学博士)の監修のもと、人がある特定の活動をするときに脳のどの部位が関わっているのかを調べることができる近赤外光イメージング装置を使って、DMに接したときの脳の反応を測定した。その結果、同じ情報であっても反射光として脳にインプットされる「紙媒体」と透過光の「ディスプレイ」では脳は全く違う反応を示し、特に脳内の情報を理解しようとする前頭前皮質の反応は紙媒体の方が強く、ディスプレイよりも紙媒体の方が情報を理解させるのに優れていることがわかった。また、DMは連続的に同じテーマで送った方がより深く理解してもらえることも確認した。

DMのメディアとしての特性や他のメディアと比べた優位性など、これまで言われてはいたものの実証はされていなかったが、今回、脳の生体反応レベルで判明したという。

そう考えると、学校教育での教科書の電子書籍化にはやはり疑問を感じてしまうが、脳の使う場所が変わって行けば、今の子ども達が大人になった時、今とは全く違う思考回路の大人が増えるのだろうか。

toppan-f.co.jp

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking