日本人は効率が悪い!? 夏期休暇中にも仕事の予定ある人が世界一多いとの調査結果

Text by

  • 10
shutterstock

shutterstock

レンタルオフィスなどを提供するのリージャスは、夏期休暇(自主取得、会社指定を含む)取得中の仕事に関する調査を世界96カ国、26,000人のビジネスマンを対象に実施し、その結果、世界中で日本人が最も働く率が高かったことが判明した。      

調査では、夏期休暇取得中にも関わらず仕事をする予定があるかを質問。日本人は世界中で一番多い約7割の人が「する予定がある」と回答したことが明らかになった。以下、「中国」「インド」「アメリカ」「南アフリカ」と続いてた。

(リージャス調べ)

これについてリージャスは「夏期休暇取得中にも関わらず仕事をするビジネスマンが世界中に存在するのは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器の普及、携帯電話回線やWi-fiなどのITインフラの拡充により、いつでもどこでも仕事ができる環境が整備されたことが要因として考えられます」と分析。「日本のビジネスマンが諸外国に比べて夏季休暇中に仕事を持ち込む割合が高いのは、日本人が普段の仕事を効率的に進めることができておらず、休暇前に残してしまった仕事を休暇取得中にしなければならないことが原因のひとつとして考えられます。」と辛辣に指摘する。

普段の仕事が効率的でない背景には、テレワークの普及具合、通勤時間の長さ、ワークライフバランスに対する考え方などが諸外国と異なっていることが関係しているかもしれないというが、「働き過ぎ日本人!」を揶揄しつつも実は自慢してきた人にとっては、ちょっと胸が痛い分析かもしれない!?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking