【冷え性対策】寒い季節に「ココア」を飲むと良い理由が明らかに!!

Text by

  • 1
flickr_Orin Zebest

flickr_Orin Zebest

寒くなってくると飲みたくなるものと言えば「ココア」だが、1998年よりココアの機能性について研究を重ねてきたという森永製菓によれば、ココアには体の冷え対策に有用な「体温保持効果」があるそう。

ココアの「体温保持効果」を立証すべく、森永は飲料による冷え改善の効果を比較検討するための実験を実施。「冷え性」を自覚する女性12人を対象に、ココアと緑茶など他の嗜好飲料の冷え性に対する効果について実験したところ、ココア以外の飲料を摂取した後は、一度手先の温度が上昇した後すぐに体温が下がってしまったのに対し、ココアは平均して、実験開始時より1℃強、高い状態が40分ほど続き、その後もなかなか下がらなかったという。

食品の温冷作用研究の第一人者で、滋賀県立大学人間文化学部生活栄養学科の灘本知憲教授は「ココアに含まれる『ポリフェノール』や『テオブロミン』は血管拡張作用のあることが報告されており、特に体末梢部(手や足の先)の血液循環を改善することで、ゆっくりと長く冷えを抑制できると考えられます。」とコメントしている。

その他にも、ココアにはインフルエンザウィルスの感染抑制効果や0157などの病原性細菌に対する抗菌・殺菌効果、創傷治癒促進など多種多様の健康機能があるそう。これからの季節にぜひ取り入れたいものだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking