日本人のルーツはたった9人の母親だったと判明、あなたは「幻の陸地スンダランドの末裔」かも!?!?

Text by

  • 452
sub41

島国である日本の民がかつて、大陸から海を渡ってやって来たことは、確か子どものころに教科書で習った気がする。でも、本当のところ、日本人はどこから来たのだろう?そんな疑問は、進歩した現代の「遺伝子研究」で、かなりはっきりと知ることができるようだ。

遺伝子研究のパイオニア、ジェネシスヘルスケアによると、母親からのみ遺伝するDNAである「ミトコンドリアDNA」を検査して母方の家系を辿ると、「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれる「ある一人の女性」に辿り着くという。そのたった一人の女性が果たして、聖書に登場する「イブ」であるかどうかは不明だが、人類はこの女性の家系から「ミトコンドリアDNA」の突然変異を繰り返し、派生してきたのだそう。そして、現代の世界の人々はおよそ35人の母親の子孫であることがわかっており、日本人においてはその95%が、たった「9人の母親」の子孫であるというから驚きだ。

その「母親」たちに由来するグループを「ハプログループ」と呼ぶそうなのだが、なんと、ジェネシスヘルスケアでは自身がどの「ハプログループ」に属するかを調べる祖先遺伝子検査を行っている。検査はインターネットで申し込み可能。送られてきた検査キットで頬の内側の粘膜を採取し返送するだけで、各「ハプログループ」ごとに出現までの歴史的背景・出現地域・出現時期や、各地に分布するまでの推定移動ルート、グループによるDNAの特徴等を教えてくれる。例えば「『険しき道を超えた山の民』をルーツとする人には長寿のDNAが備わっている」といった具合だ。

日本人の「ハプログループ」で最も多いのは「東アジア最大集団」で日本人の35%がここに属するという。次に多いのが「太平洋を渡った日本最初の移住民」(約10~20%)と、「幻の陸地スンダランドの末裔?」(15%)だそう。スンダランドとは、氷河期にタイ中央部に存在し、水没してしまった陸地である。

なんとも浪漫の広がる祖先遺伝子検査。検査料はたったの9,800円(税込)だ。これは、やらない手はないかも!?

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking