これはすごい!室外からの騒音を消してしまうノイズキャンセリングシステムが登場!!

Text by

  • 12
INDUSTRIAL DESIGN 2

INDUSTRIAL DESIGN 2

都会の喧騒はもちろん、密集する日本の住宅事情では騒音問題は訴訟にもなりかねない重大な悩み事だ。工事や電車の騒音、大通りのクラクション、近所の子どものへたくそなピアノ、うるさく吠える馬鹿な犬など、そんな外からのノイズを消してしまう革新的なガジェットが登場しそうだ。

ノイズキャンセリングシステム「sono」は、窓ガラスに張り付けると、ガラスの表面から騒音の振動を感知し、その振動を相殺する信号を起こして騒音をかき消すことができるガジェットだ。仕組みとしてはヘッドフォンで使われるノイズキャンセルの仕組みと同じというから、騒音と逆の位相となる音波を発生させてお互いを消し合うイメージだろうか。

「sono」は騒音の種類を選んで消すことが可能で、チャンネルを選んで、例えば、工事の音だけ、犬の鳴き声だけを打ち消してくれる。一方で、一部の音だけを誇張することも可能で、例えば鳥のさえずりだけを室内に響かせることもできるようだ。

しかも充電方法が画期的で、Wi-Fiなどの電磁雑音からエネルギーを集めて充電するシステムを採用する予定だという。この技術はすでにノキア・リサーチセンターで開発されており、多くのガジェットに今後標準装備されていく可能性があるそう。

「sono」を発明したのは工業デザイナーでオーストリアのウィーン大学大学院生Rudolf Stefanich氏。常々騒音への不満を抱いていたことからこの発明を思いついたそうで、「sono」はダイソンの創始者が主催する国際的なデザイン賞である「ジェームズ ダイソン アワード」のトップ20にも選ばれている(ファイナリストの発表は2013年11月7日予定)。

この画期的な商品が家電として商品化される日も遠くはなさそうだ。

INDUSTRIAL DESIGN 2

INDUSTRIAL DESIGN 2

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=Mv6sBuwzLhk[/youtube]
《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking