子どもの習い事調査 平均費用は毎月13,000円!!母親の半数「負担」

Text by

  • 2
Shutterstock

Shutterstock

リクルートライフスタイルが運営するケイコとマナブ.netは、全国の習い事に通う小学生以下の子供をもつ母親412人を対象に「子供の習い事」についてのアンケートを行った。

調査によると、子どもの習い事は平均1.9個で、費用の平均は毎月13,000円かかっていることがわかった。母親の半数にあたる50.7%はその費用を負担に思っているが、「外食費」「母親のお小遣い」を節約しても子どもに習い事をさせているそう。

習い事をしている子ども達のスマートデバイスの使用率は30.6%。約3人に1人が持っている計算になる。特に、塾など学習系の習い事に通う子ほどスマートデバイスの使用率は高かった。

ちなみに、子ども達が現在習っているのは1位が「水泳」(35.9%)、2位が「ピアノ」(23.5%)で、3位は「英語・英会話」(22.6%)だった。就学状況別では就学児(小学生以上)は全体と同じく「水泳」が1位だったが、未就学児(小学生未満)では「リトミック・体操」が1位だった。

一方、今後習わせたい習い事では「水泳」を抜いて「英語・英会話」が1位(30.3%)にランクイン。将来を見据えて幼い頃から英語に親しんでほしいという親心が垣間見れる。つづいて2位は「水泳」(28.2%)、3位は「書道」(15.8%)、4位は「ピアノ」(14.1%)で、5位には今時必要なの?と思ってしまうが、「そろばん」(13.8%)がランクインした。

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking