ガンバレ、日本女子!! 働く女性は自己評価が低く自分に自信がないと判明(国内調査)

Text by

  • 5
Shutterstock

Shutterstock

ダイヤモンドを製造・販売するサダマツは、1年を振り返る年末シーズンを前に、20~30代の有職者女性500名を対象に、「自分自身についての振り返り」に関する意識調査を行った。その結果、働く女性の多くは、「今年1年間の自己評価が低い」ほか、「自分に対する自信を持てずにいる」という悲しい実態が明らかになった。

調査ではまず、今年一年の自分への評価は何点かを質問。平均は「58.5点」と奮わなかった。しかも、今年1年間で「自分に対する自信を高めることができた」と回答した人も半数未満。現在の自分に対して「自信がある」と答えた人もわずか39%で、残り6割は自分に自信が持てないでいるそう。

また、10代の頃描いていた将来像と「現在の自分」に「ギャップを感じる」人は7割以上で、女性たちは「もっと仕事やプライベートに対して、真摯に向き合っている大人になっていたかった。(34歳・大阪府)」、「30歳頃にはもっと大人になっていると思ったが、他の人と比べて自分が子どもに感じる。(28歳・東京都)」などとコメントした。

調査では外見(顔、体型など)、中身(人間性など)、仕事(キャリア、スキルなど)、恋愛(パートナー選び、充実度など)、それぞれに対する自信を聞いたが、どれも「自信がある」と答えた人は3~4割にすぎず、6~7割の人は「自信がない」と答えた。

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking