増える「豆乳アレルギー」!! 花粉症の人は注意

Text by

  • 2
Shutterstock

Shutterstock

健康志向の影響で「豆乳」の人気が高まっている。日本豆乳協会によれば、平成元年には2万8千キロリットルだった生産量が、平成24年には25万5千キロリットルにまで増加しているそう。

ところが、国民生活センターは先日、豆乳等によるアレルギーの報告がこのところ増えていると発表した。同センターには、豆乳を摂取したことで、皮膚や粘膜のかゆみ、赤み、腫れ、じんましん、呼吸困難等のアレルギー症状を発症したという相談が、2008年度から2013年10月末の約5年間で15件寄せられた。事例の多くは豆乳の摂取直後から約15分位の間にかゆみやじんましんなどの症状が出たといい、中には「アナフィラキシー」と診断された人も。また豆腐など他の大豆加工食品ではアレルギー症状が出ないのに、豆乳等を飲んだ時に発症したという事例もあるという。

大豆による食物アレルギーは、大豆を原材料とした食品を食べたことにより発症する場合と、花粉症の中でも主にカバノキ科花粉症の患者が、豆乳などを摂取した際に発症する「口腔(こうくう)アレルギー症候群」が知られているそう。近年は花粉症の増加に伴い、後者の症例が増加しているのだとか。

同センターは「カバノキ科の花粉症の方やりんご、ももを食べて喉がかゆくなる方は、今後豆乳による口腔アレルギーを発症する可能性がありますので、注意が必要です。豆乳等を摂取してアレルギー様の症状が出た場合は、直ちに医療機関を受診しましょう」と注意喚起を呼び掛けている。特に1月~6月はカバノキ科植物の開花時期を迎えるので一層の注意が必要だ。

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking