クラブツーリズムが「民間宇宙旅行」専門の旅行会社設立!!4分間2,500万円のツアーが2014年末から運行!!!

Text by

  • 1
キャッチ

クラブツーリズムは2014年1月6日、「民間宇宙旅行」を専門に取り扱う子会社「株式会社クラブツーリズム・スペースツアーズ」を設立したと発表した。

同社は、2005年から英国ヴァージングループの宇宙旅行会社「ヴァージンギャラクティック社」と有人弾道宇宙飛行の日本国内での販売について提携しており、公式代理店として国内で独占的に販売してきた。これまで専任部署で担って来た事業を専門会社に移行する。新会社では、ヴァージンギャラクティック社の公式代理店業務を全面的に引き継ぎ、業界に先駆け宇宙旅行を専門にした事業展開を本格始動する。

ヴァージンギャラクティック社による宇宙旅行は米国連邦航空局に現在申請中の運航免許が取得できれば、2014年末にも商業運航を開始する見込み。その中身は、滑走路から離陸し、高度15キロで母船から宇宙船が切り離され空中発射。90秒後に高度100キロの宇宙空間に到達し、約4分間の無重力の体験と宇宙から眺める地球を堪能できる。その後大気圏に再突入し、グライダー飛行で出発空港に帰還。所要時間2時間の宇宙飛行と、3日間の準備訓練、健康診断を含めて一人当たり25万米ドルで、日本円にすると約2,500万円!世界中で現在約600名が既に予約済みで、その内、18名が日本人という。

ヴァージンギャラクティック社の、運航開始後10年間の取扱い宇宙旅行客数見込みは累計3万人で、そのうち日本からの参加者数は約900名を想定。「宇宙観光」という新しいジャンルの誕生に、一般市民が宇宙へ行ける日もそう遠くはないかも!?と、期待が高まる。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking