運動学習は1人よりも2人でやった方が早く上達するとの研究結果

Text by

  • 0
123RF

123RF

独立行政法人情報通信研究機構(NICT)はこのほど、インペリアル・カレッジ・ロンドンと国際電気通信基礎技術研究所(ATR)と共同で、同じ技能レベルの人同士がお互いに触れ合う力を感じながら運動課題を行うと、素人同士であっても、一人で行う場合よりもうまくでき、さらに上達も早いことを発見した。

実験では2人1組になり、仮想的に連結された回転カーソルを使って、それぞれに画面上に映るターゲットをカーソルで追う練習をさせた。2人はお互いが連結されていることは知らないが、どちらかが遅れるともう一方に負荷がかかる仕組みになっており、知らないうちに2人で練習できる。その結果、1人で練習する場合よりも、同レベルの初心者が連結された状態の方がうまくカーソルを制御できた。また、相手が自分より下手であっても、2人で連結されていた方がうまく制御でき、学習もよりよく進んだという。

この実験結果は、スポーツ訓練やリハビリ訓練システムや、遠隔での動作訓練にも応用することができるそう。本研究成果は、英科学誌Nature系の「Scientific Reports」(2014年1月23日号)電子版に掲載された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking