ジオラマの世界で電車の運転士になれるiOSアプリが登場!!

2014年02月07日 17時27分

2014年02月07日 17時27分

HARA Model Railway Museum / vimeo
HARA Model Railway Museum / vimeo

 世界一の鉄道模型コレクションを展示する「原鉄道模型博物館」はこのほど、博物館に展示されている世界最大級の一番ゲージジオラマ「いちばんテツモパーク」を運転士気分で旅できる無料公式iOSアプリ「シャングリラ鉄道の旅」をリリースした。

「原鉄道模型博物館」と言えば2012年に誕生した鉄道ファンと鉄道模型好きの聖地。「シャングリラ鉄道の旅」は、そのコレクションから実際に展示されている一番ゲージジオラマ「いちばんテツモパーク」の中を、運転士になって自由に走り回れるというもの。アプリでは、3種類の車両とコースが用意され、小型カメラの「GoPro」で撮影した実際の車両模型からの視点による映像や、採集した走行音で、模型の世界に飛び込んだような臨場感を演出している。鉄道好きにもジオラマ好きにもたまらない世界観だ。

制作は香りを噴出させる世界初のアクセサリー「Scentee(センティ)」と連動し、スマホで焼き肉を味わえるアプリ「鼻焼肉」を手掛けて話題となった面白法人カヤックが行っている。

現在、公式アプリの起動画面を博物館入場時に提示すると、入館料が100円引きになる「シャングリラ鉄道の旅」キャンペーンも実施中。対象期間は2014年5月6日まで。

HARA Model Railway Museum / vimeo

HARA Model Railway Museum / vimeo

注目の記事