お母さんはめちゃくちゃ愛されてる!「好き」は9割、点数つけるなら80点

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

オンライン学習教材のすららネットはこのほど、間もなくやってくる「母の日」を前に、小学1年生から高校3年生までの337名を対象に「母の日」に関する意識調査を行った。

小中高生の9割「母親のことが好き」

まずは「自分の母親のことが好きですか?」という質問の答えを見てみると、「好き」と答えた人が89.9%で、全体の9割が母親のことを好きだと回答した。男女別では男子88.8%、女子が92.1%で、女子の方が母親を好きな割合は高かった。

そんなお母さんの自慢できるところは1位が「料理が上手いところ」(48.4%)だった。2位は「いつも笑顔なところ」(30.9%)、3位は「頭が良いところ」(19.6%)だった。

母親への「ありがとう」は1秒に585回

さらに、子どもたちがお母さんに「ありがとう」と言う回数は1日平均3.7回と判明。全国の小中高生を約1,353万3,000人として計算すると、1秒間に約585回もの「ありがとう」が子どもから母親へと伝えられていることがわかった。

また、「将来お母さんみたいになりたい」と思っている女子は70.2%、「将来お母さんのような人と結婚したい」と考えている男子は53.0%で、女子の10人中7人がお母さんを尊敬し、男子の2人に1人が母親のような人と結婚したいと考えているとは、お母さんはそうとう愛されているようだ。

秘訣は「お互いに頼っている関係」

そんな母親に点数をつけるとしたら平均点は80.3点。母親との関係性については、お互いに頼って生活している関係」と考えている小中高生が49.0%に上った。

子どもたちは自分だけが母親に頼っているのではなく、母親からも頼りにされていることで自分の存在意義を感じられることが、母子の関係を良好にしているポイントと言えるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking