ダイエットしたい人必見!痩せやすい食べ方ガイド

Text by

  • 19
123RF

123RF

食べる量を減らしたり、お肉を食べないようにするような、辛いダイエットの時代はもう終焉したようだ。

最近よく聞く「食べ順ダイエット」。健康や美容に興味のある方ならばすでに実践済みかもしれない。

トレンド総研が行った調査によれば、「食べる順番が大切」と考えている女性は86%。さらに、「ベジタブルファースト」と言うキーワードを知っている人は76%で、その認知度は相当なものと言える。

そんなわけで、今やスタンダードとなった「食べ順ダイエット」について、もう一度おさらいしてみよう。

良いことだらけの「ベジタブルファースト」

「食べ順ダイエット」は、血糖値の上昇をコントロールし、脂肪がたまらないようにしてくれるありがた〜い食べ方。そのポイントは、「ベジタブルファースト」つまり、「野菜を最初に食べる」ことだ。

「野菜を最初に食べる」ことで得られるメリットを次にまとめてみた。

①野菜を最初に食べると食物繊維がだ液や胃液で拡張し、満足感を得られる。自然に食べる量が少なくなる。

②噛まないと飲み込めない野菜を先に食べると、”噛む”ことによる脳の満腹中枢を刺激してくれる。

③食物繊維は腸での余分な脂質の吸収を妨げてくれるので、糖質の吸収を緩やかにしてくれる。

④血中の糖の量が急激に増加すると、血管壁や細胞が炎症を起こして“糖化”し生活習慣病や老化を促進してしまう。野菜を先に食べることで糖の吸収が緩やかになり、老化を抑えてくれる。

⑤野菜を先に食べる事で血糖値の急上昇を防ぎ、シミ・シワ・そばかすの原因となる酸化を防いでくれる。

⑥血糖値の急上昇を防ぐと、脂肪を溜め込む性質を持つホルモン「インシュリン」の分泌を防ぎ、脂肪がたまらないようにしてくれる

もう1つのポイント 「食前の準備」って何をするの?

ダイエットに限らず、美容にも良いことづくしの「ベジタブルファースト」だが、管理栄養士で健康運動指導士の浅野まみこ氏によれば、この効果をより得るためには、食べる時間に20分くらいはかけた方が良いとのこと。

ただ、慌ただしい朝食や仕事の合間の昼食など、もっとスピーディーに食事をすませなければ行けない時には、食事の前に食物繊維を摂っておくと同様の効果が得られるという。

食事の前の時間を利用して、ランチタイムが近づいたら、食物繊維を含んだ美容系ドリンクや機能性食品を活用するのも良いそうなので、試してみては。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking