日本酒が睡眠の質を高めると判明!ぐっすり安眠、成長ホルモン分泌も

Text by

  • 51
123RF

123RF

ライオンはこのほど、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の裏出良博教授と行った共同研究で、日本酒や酒粕の製造に使われる「清酒酵母」に”睡眠の質”を高める効果があることを世界で初めて発見したと発表した。

「清酒酵母」が深い眠りへ誘う脳内物質を活性化

「睡眠の質」とは、睡眠の長さだけではなく、その深さも重要だが、同研究では「清酒酵母」が、深い睡眠を誘発する脳内物質「アデノシンA2A受容体」を活性化することがわかった。

研究チームはまず、約80種類の食品素材について、細胞を用いてアデノシンA2A受容体の活性化能を評価。その中で、「清酒酵母」には非常に高いアデノシンA2A受容体の活性化能があると判明した。

次に行ったヒト臨床試験では、「清酒酵母」を摂取すると、深い眠りの指標であるデルタ波パワー値が増大したことを確認。結果、「清酒酵母」には睡眠の質を改善する効果のあることが認められた

脳波計を使って測定し数値に表した“客観的効果”が認められたのは世界で初めて。

グッスリ眠れて、成長ホルモンの分泌も増加!

ヒト臨床試験の実感調査では、「清酒酵母」を摂取すると、起床時に「疲れがとれる」、「眠気がとれる」などの実感が得られたと言い、被験者がグッスリと深い眠りを体験したこともわかった。

また、被験者の尿中濃度を測定したところ、深い睡眠時に集中的に分泌されるという「成長ホルモン」が増加したことも判明。「成長ホルモン」は代謝アップや細胞の活性化を行うなど、身体機能に重要な役割を果たすことから、健康・美容など様々な効果が期待できるかも。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking