【閲覧注意】長野で大量発生中の「蛾」が怖すぎる!

Text by

  • 1
Twitter / @carue1a

Twitter / @carue1a

長野県長野市で大量の「蛾」が発生し恐ろしいことになっている。

マイマイガが大量発生!

Twitterに昨日投稿されたのがこちらの画像。夜の街灯にむらがっているのは「マイマイガ」という蛾で、毎年7月頃、全国的に発生するという。

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/carue1a/status/489744152322514945″]

まるでヒッチコック映画のワンシーンのような恐ろしい光景だ。

農林水産省によれば、マイマイガはドクガ科に属する大型の蛾で、雄成虫が4~6cm、雌成虫が6~8cmほどの大きさ。全国的に分布するが、特に長野県、富山県、岐阜県などで大量発生しているようだ。

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/o_naga_o/status/483713035161202688″]

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/CROWN_tarben/status/489903571324792832″]

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/ririkucuted/status/489608344882003968″]

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/kakizaki_keiryu/status/488447013952823296″]

これがすべて「マイマイガ」というから鳥肌ものだ。

卵や幼虫のときに駆除を

マイマイガが成虫となって飛ぶのは年に一度だけ。毎年7月に発生し、7~10日ほど生きるという。

成虫には殺虫剤はあまり効かないが、幼虫の頃には1cm以下であれば殺虫剤が効くので早めの駆除が大切。できれば4月中旬~5月中旬頃に孵化した際、駆除しておきたい。

成虫のりん粉や幼虫に触れると(死骸であっても)赤く腫れたり、かゆくなったりすることがあるため、駆除の際には必ずマスクと手袋を着用しよう。

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/hayabusa_sf/status/480693833148010496″]

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/cebu2/status/486445750121803776″]

また、成虫が生み落した卵は3月まで卵のまま越冬する。この時期にヘラや棒などでこそぎとり駆除しておきたい。

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/soku26/status/346493837952303104″]

卵は200~400粒程の「卵塊」となり、母蛾の体毛に覆われている。

実はかわいい?マイマイガの素顔

超大量発生して人々を恐怖に陥れているマイマイガだが、実はその顔をよく見ると“かわいい”という人も。

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/sakuramusubi/status/489340346581528576″]

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/kenichi_ohkubo/status/483240172260036608″]

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/lliiiiisa/status/261877528791240704″]

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/KOBEKONCHU/status/466865373438963712″]

葉っぱが透けたような櫛形の触覚やつぶらなお目目、意外に愛嬌のある表情はどことなくスティッチに似ているかも!?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking