動き早っ!ロボットのプロレスが想像以上にスゴかった

Text by

  • 16
YouTube/Robot Pro-Wrestling Dekinnoka!

YouTube/Robot Pro-Wrestling Dekinnoka!

現在、山梨県立科学館で開催中の夏期特別企画展「発進!ロボットコロニー」で、連日「ロボットプロレス」のイベントが開催されている。

「ロボットプロレス」とは

ディズニー映画「リアル・スティール」を知らない人でも、「ロボットプロレス」の白熱っぷりには驚かされるだろう。

「ロボットプロレス」とは読んで字の如く、ロボットたちによるプロレスだ。ただ、単純にロボットが戦うだけではない。実際の「プロレス」へのリスペクトを込め、ロボットのモーションを細部まで作りこむことで、見ごたえたっぷりのエンターテインメントに仕立て上げられているのだ。

大興奮の試合風景

こちらがその試合の様子。ロボットプロレスにも所属団体があるようで、こちらは「ロボットプロレス できんのか!」の試合から。想像以上に機敏で激しい投げ技には思わず目を見張る。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=0Fjk25eD4bA[/youtube]

こちらは二足歩行ロボットによる格闘競技大会「ROBO-ONE」の試合から、世界で初めてロボットによるドロップキックが決まった瞬間の様子。拍手喝采の後、会場からは「すごい~」とどよめきが起こった。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=unEArGT96pA[/youtube]

こちらも「できんのか!」の試合から。流血仮面の「腰ふり」パフォーマンスなど、ロボットならではのユーモラスな間合いは、それぞれの機体がまるで生きているかのように感じさせてくれる。最後には担架で運ばれていくというお茶目なシーンも。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=shbCwTbCfEg[/youtube]

子供も大人も大興奮の渦に巻き込まれる「ロボットプロレス」。ロボットは一機50万円もするというからただの遊びではない。

同科学館では16日に「ROBO-1グランプリ」甲信越大会の決勝トーナメントが開催される。詳しいスケジュールはこちらから。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking