【グロ注意】横浜のゲテモノ居酒屋「珍獣屋」で食べられるものがスゴすぎる

Text by

  • 15
Twitter / @珍獣屋

Twitter / @珍獣屋

週末に開催された横浜名物「野毛大道芸2014オータムフェスティバル」で、かなり変わった食べ物を出す”屋台”が登場し、Twitterでジワジワと話題になっている。

超強烈!ジビエを越えた食材はコレ

Twitterに投稿されたその屋台の画像は、一瞬ギョッとするビジュアル。画像には、得体の知れない食材が並んでいる。

投稿によると、これらは「ウーパールーパー」「オオグソクムシ」に「ウサギ肉」であることがわかる(左上の甲殻類は不明)。

ウーパールーパーはカワハギのようにツルンツルン。目がかわいすぎるが、食べるという発想はなかった!

「ジビエ」「ゲテモノ」「昆虫」が揃う珍獣屋のメニュー

屋台を出店した横浜市中区の飲食店「珍獣屋」では、普段からそうとう変わった”ゲテモノ”料理を提供しているようだ。そのメニューの一部がこちら。

うーーーん、想像以上にスゴいラインナップ。この他、ジビエやゲテモノ、昆虫など、他では食べられないメニューが豊富に揃う。

「ゲテモノ」嫌いの人にはこちら

取り扱う食材もスゴイがそれぞれのビジュアルもそうとうにパワフルな珍獣屋。ただし、ゲテモノが苦手な人に優しいメニューも用意されている。

店内黒板には「18歳!ギャル漁師が獲った本鮪の目玉刺」「牧場界の暴君!ドワルスキーさんの肉」などの文字が並ぶ。どちらにしても気になりすぎる。

それでは最後に、お店から一言。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking