【刺身いけます】スーパーでマンボウが発見され話題に!

Text by

  • 0
flickr_Bruce McAdam

flickr_Bruce McAdam

スーパーでマンボウが丸々一匹で販売される姿が各地で目撃され、話題となっている。

スーパーの店頭にマンボウが現れる!

こちらが各エリアで目撃されたマンボウたちだ。お値段3万円。やたらと大きい!

こちらは5万円。

高槻では9,800円。格安です。

こちらは7,800円。鹿児島産らしい。

大きさもお値段もまちまちだが、とにかく大きくてインパクトがある!それもそのはず、マンボウは大きいもので、3.3メートル、2.3トンにもおよぶそうだ。

時にはこんな大きなマンボウも揚がる。

男性の身長を優に超している。

マンボウは食べられるの?

しかし、そもそも、マンボウは食べられるのだろうか。

「マンボウは食べられる」ことを知らない人が多数。ただし、

という人も。地域による習慣の違いもありそうだ。

マンボウのお味は?

では、マンボウを実際に食べたことがある人の感想を見てみよう。

「美味しい」と「不味い」の賛否両論あるようだ。

マンボウは95%以上が水分で、新鮮な時にしか食べることができない。

身は「たんぱくであまり美味しくはない」と専らの噂だが、Twitterで検索してみると、なかなかおいしそうなレシピが続々と見つかった。

華麗なるマンボウ・レシピ

腸の酢味噌和え。

腸の刺身。

マンボウの腸の味噌漬けのお寿司。

から揚げ。

こちらも。

しかも、食べた人たちは全員、かなりご満悦のようだ。

【グロ注意】マンボウの捌き方

こうなってくると、一度は食べてみたいマンボウ。しかし、まるまる1頭のマンボウを家庭で捌くのは至難の業だ。

そう、ほとんどいないだろう。

実際にマンボウを捌いている様子がこちら。捌くというよりはほぼ「解体」で、マグロに近い。

Instagram / a_n_o_n_e

 

やはり切り身で買うのが安心かも。

スーパーで見かけたら、チャレンジしてみたい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking