今宵は月を見上げるべし?171年ぶりのお月見「ミラクルムーン」がやって来る

Text by

  • 1
Twitter / @K_uozumi

Twitter / @K_uozumi

2014年はスーパームーンに皆既月食と、月のイベントで盛り上がったが、11月5日の今宵は、さらに珍しい月が出現するようだ。

ミラクルムーンとは

そもそもお月見とは、旧暦の8月15日に中秋の名月と言われる「十五夜」が有名。すすきやお団子を供えて月を見るポピュラーなイベントだ。

それに加え、日本古来の風習として愛されてきたのは旧暦9月13日の「十三夜」。2番目に美しい月として愛でられ、栗などが供えられる地域もあるようだ。

ところが、さらに今年は「ミラクルムーン」と呼ばれる三度目の名月が見られるスペシャルな年なのだとか。

「ミラクルムーン」とは、またの名前を「後の十三夜」と言い、一年で二度目に出現する十三夜のことを言う。これは天保14年以来171年ぶりに起こる激レアな現象なのだ。

「後の十三夜」が到来する仕組み

日本で元来使われていた暦である旧暦では一ヶ月は29日か30日で、1年は約354日だった。しかし、これでは太陽の一年の周期365日とずれてしまうので、約3年に一度「閏月(うるうづき)」を入れて帳尻を合わせている。

そして今年がまさに「閏月」の入る年。「閏月」が入れられる月は毎度同じではなく、2月のあとだったり5月のあとだったりするわけだが、今年はたまたま9月のあとに「閏9月」が挿入された。そのために一年のうちに9月13日が2日あり、二度目の十三夜が見られることになったのである。

しかも、前回「閏9月」が挿入されたのは1843年(天保14年)で、まさに171年ぶりの超レアなお月様なのだ。

どこで見られる?

今宵の月の出は東京で15時40分、月の入りが翌3時53分なので、雲が出なければ一夜を通しほぼずっと、月を観測することができる。

次回、「後の十三夜」を見られるのは95年後の2109年というから、一緒に一度だけ見られる貴重な月を見逃すわけにはいかない。

本当にミラクルなのはこの毎日なのかも

これを受け、Twitter上には今宵のミラクルムーンを楽しみにしている人たちの呟きが溢れている。

ところが一方で、こんな呟きも見られた。

あんまり惹かれない。

閏月では二度目の行事はしないのが習わし。

むしろ毎日が一生に一度。

一生に一度のスペシャルな日を、あなたは誰と過すだろうか。

 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking