キタコレ!駒場祭で発表された東大レゴ部の作品「Mac Pro」に釘付け

Text by

  • 4
Shutterstock

Shutterstock

22日から24日かけて開催されていた東京大学の学園祭「第64回駒場祭」。キャンパス内では様々な催しが行われたが、中でも、密かに注目を集めているのはレゴ部の作品展示だ。

東大生の作るレゴ

東大生が作るレゴとは興味深い。レゴ部の展示は毎年人気のようだが、今年はどんな様子だったのだろうか。

例えばこちらの作品。戦車や航空戦艦を精密に再現しているが、どうやらミリタリーと萌え要素を盛り込み人気を呼んだTVアニメ「ガールズ&パンツァー」の影響と思われる。

こちらは野菜増しのラーメン。レゴなのに、油っぽさまで表現されている。具はもやしとキャベツとピーマン、黒っぽいのはチャーシューだろうか。

つづいての作品。

そう、こちら。

Calvero.

同じである。

続いてはこちら。

コレ。

正確に再現されている。

みんなの大賞はコレ

想像とはちょっと違う東大レゴ部の作品たち。大きな作品をコツコツと作るガテン系よりは、やはり頭を使った知性的(?)な作品が多い中、最も秀逸とTwitterなどで絶賛されているのがこちらの作品だ。

Mac Pro。

あまりにもそのまま過ぎて、目が釘付けになってしまう素晴らしい作品だ。

さて、来年はどんな作品が展示されるのか、今から楽しみだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking