【歌姫失格?】マライア、口パクをやめたら歌声を酷評され窮地に!

Text by

  • 1
Mariah Carey Official

Mariah Carey Official

10月4日、歌手のマライア・キャリーが世界ツアーの初日公演を日本で行いました。生で歌声を日本で聞けるのは8年ぶりということで、楽しみにしていたファンたちの期待は最高潮に!

しかし…マライアが満を持して披露した歌声があまりにも酷く、「チケット代泥棒」と言われるほど酷評される事態になっています。

音程がずれたり、高音が出ない歌声

マライアと言えば、「7オクターブの音域を持つ歌姫」というキャッチフレーズでデビューして、当時「最も高い声を出す人」としてギネスに認定されていたことで有名。

そんな彼女が、明らかに音を外していたり、高音が出ないといった失態を見せてしまい、ファンはがっかりしてしまったようです。

以前は口パク疑惑が浮上していたマライアですが、口パクではない本当の歌声を披露したらバッシングされるなんて、歌手としては痛すぎる評価…。

海外メディアもマライアの歌声に衝撃を受ける

この時のマライアの歌声は、YouTubeなどに動画がアップされ、世界中に拡散されてしまいました。その結果、世界中のファンが嘆きのツイートを次々と投稿。

「ちょっと、どうしちゃったの?」

「お酒がドラッグでもやってたの?声が速くてめちゃくちゃ。ホイットニー・ヒューストンみたいな歌声に何が起きたの?恐ろしい!」

私生活では離婚問題を抱えるマライア

実はマライアは、夫のニック・キャノンと別居中で離婚に向けて動き出している真っ最中。今回のライブでも、ニックを替え歌でディスったことが話題になりました。

離婚問題で心が不安定になっていて、歌声も不安定になってしまったのでしょうか? ライブの30分前に「あと30分でショータイムよ!」とツイートしていたマライアですが、その後のツイッターの更新は止まったままです。

この批判でますます落ち込んでいることも考えられますが、早く元気を取り戻して、あの美しい圧巻の歌声を私たちの元に届けて欲しいですね。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking