スキー感覚で運転?トヨタが開発する「未来のクルマ」が凄い

Text by

  • 0
TOYOTA

TOYOTA

自動車業界では電気自動車や水素自動車などの開発が盛んになっていますが、さらに高い技術を伴った次世代の車も着々と進められています。

その一つ、トヨタ自動車の「TOYOTA FV2」は、体と心の動きに連動するという新しい試みを行っています。

トヨタが描く「つながる未来のクルマ」

FV2は一人乗りの車で、全長3メートル。バイクのようにもみえます。

TOYOTA

TOYOTA


心の動きでボディの色が変化

こちら、ボディの色が変化するイルミネーション機能が搭載され、上手く運転できている時や注意を促す時などにボディの色が変化するそうです。

TOYOTA

TOYOTA

TOYOTA

TOYOTA

TOYOTA


スキー感覚で車体操作

この車、ハンドルが見当たりません。

TOYOTA

なんと、体重を前後左右に移動させることにより、車両が動くとのこと!

youtube / Toyota Global

youtube / Toyota Global

立ったままでも運転でき、まるでスキー感覚で運転できるのだとか。

高度な次世代サービス

TOYOTA

さらに、ネットワーク化された未来の社会を想定した様々なサービスの開発が進められているようです。

  • 天気や交通状況をリアルにキャッチできる。
  • スマートフォンで離れた場所から、エアコン操作や充電状況の確認ができる。
  • ドライバーとのやりとりをデータ化し、それを元にその日の体調や気分などの心を読み取り、行きたいお店をナビしてくれたり、聴きたい音楽をかけてくれたりと、ドライバーの望みを叶えてくれるコンシェルジュ的なサービス。

最先端のITと車の技術の融合…テクノロジーは日々進化しているようです。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking