その発想はなかった…蚊帳を着る「ネッツメン」が斬新すぎる

Text by

  • 16
f01 - コピー

本格的な夏到来。いや~な蚊も本格的に発生する時期となりましたが、これなら安心!と思える虫よけグッズが発売されました。

「蚊帳を着る」という斬新なアイデア

今月発売された虫よけグッズがこちら。

どことなく近未来を想像させるこちらは、蚊帳がつなぎ調の構造になったもの。“蚊帳を着る”という斬新な発想の商品で、その名も「NETSMEN(ネッツメン)」。

肌と網の間に隙間ができることで蚊が刺しにくく、

蚊を締めだす細かい網目は1ミリとなっています。一般的な網戸より細かいとか。

つなぎタイプなので前かがみになっても背中は刺されず、

蚊が挿入しやすい手足首は、ゴムバンド式になっているという徹底ぶり。

着たままトイレに行くことができ、洗濯機での丸洗いも可能なのだそう。

使用方法は、着用前に虫よけスプレーをネッツメンに吹きかけそれを装着するだけ。汗や水で流れないので効果が持続できるそうです。

吸血蚊の襲来から身を守れ!

商品もさながら、そのプロモーションにも目を奪われます。ホームページを見ると、新たなRPGソフトかと思うような商品紹介が。

ネッツメンは、人類と蚊の戦いの中で蚊から完全防御する“神具”と見立てられています。

サイズ別のネーミングもそれっぽく、防具としての妙な説得感が。

Mサイズ:ピンク「天女の羽衣(てんにょのはごろも)」
Lサイズ:ブルー「蒼天夏時雨(そうてんなつしぐれ)」
Lサイズ:ホワイト「白虎の仮宿(びゃっこのかやど)」

価格は税別で6,600円。

庭作業やキャンプ時に活躍しそうですが、着るには多少の勇気がいるかもしれません。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking