男性は「寂しい」、女性は「子供」。男女で違った結婚したい理由

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

付き合っている人たちは、お互いがどんな動機で結婚したいと望んでいるのか、知っているだろうか。

結婚式場を全国展開しているアニヴェルセルが2014年8月5日、第8弾の結婚意識調査の結果を発表した。同調査の結果、結婚の動機について、男女に大きな隔たりのあることが分かった。

女性は「子供」、男性は「寂しさ」

女性の結果は以下のとおり。

1位は「子供が欲しいから」。2位や3位も、子供がいないことの裏返しと捉えれば、同じような理由と考えられる。

しかし男性の結果は、少し異なるようだ。

1位は「寂しいから」。2位の「家族、家庭を持ちたい」というのも、その裏返しともとれる。

一方「子供が欲しいから」という回答は、3位にとどまった。

男性と女性に差があるのは、子供に関する部分だ。

もしかしたら男性は、出産をしないため結婚=妊娠という発想が希薄となり、子供を結婚の動機としている人の割合が、女性に比べて少ないのかもしれない。

一方、女性は母性本能や、出産の時期に限りがある。そのため結婚と妊娠がセットになっているのだろう。

互いに望んでいることを日頃から確認

またこれらの結果は、結婚後にも参考となるだろう。

女性の場合、もし子供が生まれても、夫が育児を手伝わなければ逆に大きな負担に感じ、むしろ結婚そのものの意味を失いかねない。

また男性の場合は、結婚しても妻が仕事や育児で忙しく、構ってもらえなくなると、2人の生活に失望するかもしれない。

無論、人によってさまざまな考えがあり、結婚に求めているものも異なっている。上に述べたような状況になるとは必ずしも限らない。

しかし、お互いの動機を理解し、確認していくこと。それが将来、起きるかもしれない結婚の危機を回避することにもつながるのではないか。そのためには、日頃からのコミュニケーションが大切になってくるのだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking