狭いエレベーターの中、女性に暴力を振るう男を止めたのは何人か?

Text by

  • 0
YouTube_STHLM Panda

YouTube_STHLM Panda

家庭内暴力、または身近なパートナーによる暴力は、いつでもどんな場所でも起こりえる。スウェーデンでは20分ごとに1人女性が、虐待を受けているとも言われている。

アメリカでは1分に20人が犠牲者

またアメリカでも1分ごとに20人が、家庭内暴力の犠牲者になっており、女性2人のうち1人が、男性5人のうち1人が、レイプ以外の性暴力の被害に遭っている。

そんな状況を踏まえ、エレベーターの中で起きる近親者間暴力を、何人の人間が止めたのか。まずは以下の動画をご覧いただきたい。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=R1-A7R15uYU[/youtube]
YouTube/STHLM Panda

社会実験の様子を写した動画

実はこの映像は、スェーデンのSTHLM Pandaという機関が行った、社会実験の様子を写したもの。エレベーターに乗った男女は俳優で、虐待の場面を演じてもらい、同乗していた人がどう反応するかを観察する目的で行われた。

仲裁に入ったのは53人中1人

実験の結果、男性の俳優が女性を罵り、身体を揺さぶったり肩をつかんだりしている間、仲裁に入ろうとした人は53人のうち1人だけだった。

しかも女性の中には、逆に自分自身のことを心配して、次のように嘆願する人もいた。
「ここには私もいるんです。どうか先に、私をエレベーターから降ろしてください」

仲裁に入った女性は警察を呼ぶと告げる

だが最後の女性は行動を起こし、次のように男性俳優に告げた。
「もし、あなたがもう一度彼女に触れたなら、警察を呼びますよ!」

虐待男を演じたコンラッド・ヤドゥヘイジ氏は次のように語った。
「私たちは半分程度の人たちが、仲裁すると考えていました。そのため僕は、自分より背の高い若者に殴られる準備もしていました。しかし悲しいことに、彼らは女性を残して去っていった」

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking