サウジアラビアでは女性が運転するとテロになる!活動家が志願して逮捕

2014年12月27日 21時03分

2014年12月27日 21時03分

YouTube/kali yugam
YouTube/kali yugam

11月30日、2人の女性活動家がサウジアラビアの国境付近で逮捕された。そして現在、特別テロリストとして裁判にかけられようとしている。

運転し入国しようとして逮捕される

逮捕されたのは、ロージェイン・ハスロウルさん(25)と、メイサ・アラムディさん(33)。

ロージェインさんは、隣接するアラブ首長国連邦から車を運転し、わざとサウジアラビアに入ろうとして、国境で止められ逮捕された。

またジャーナリストのメイサさんは、ロージェインさんをサポートしようと国境に到着し、拘束された。

この事件をテロとして裁判で扱う

実はサウジアラビアでは、女性が車の運転をすることは違法となっている。活動家たちによればこの禁止は、保守的な国における伝統と慣習に深く結びついているという。

2人はそんなバカげた法律をからかうため、そしてこの状況を世界に訴えるために行動を起こし、自ら逮捕されたと見られている。

当局は、ロージェインさんが車を運転したことよりも、ソーシャルメディアにおける彼女らの活動に焦点を合わせ、この事件をテロとして裁判で扱う方針を決めた。

というのもロージェインさんには、ツイッターで22万8000人のフォロワーがおり、車を運転して逮捕されるまでの24時間の記録を、全て公開しているからだ。

またメイサさんにも13万1000人のフォロワーがおり、運転禁止の法律についてYouTube上で討論する番組を主催していた。

世界でもサウジアラビアに反対する動き

当局は現在、この事件が権利を主張する人達へ強いメッセージとなるのを恐れている。その証拠に、事件を伝えた国内にある人権活動家のウェブサイトを閉鎖した。

これを受けて世界も素早く反応した。国境なき記者団はサウジアラビアを、インターネットの敵対者として認定された19カ国のうちの1つとした。

また女性の運転する権利をサポートするキャンペーンの1つとして、多くの女性たちがタイヤの後ろに隠れている画像をオンラインで投稿した。

しかしサウジアラビアの内務大臣は、このような社会的な結束をひそかに壊す試みは、全て厳正に対処すると述べた。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=4ev2asLrOKk[/youtube]
YouTube/kali yugam

注目の記事