「皆さん、操縦室に入れなくなりました」旅客機の機長が乗客に告白

Text by

  • 2
YouTube/Curry Russell

YouTube/Curry Russell

空の旅を快適に過ごすためにも、飛行機の安全性は欠かすことができない。

しかし1月29日には、旅客機の機長がコックピットに戻れなくなった、というニュースがアメリカから届けられた。

機長が168名の乗客に向かって告白

そのような事態に陥ったのは、ミネアポリスからラスベガスへ向かっていたデルタ・エアラインの旅客機。機長は突然、通路に現れ、168名の乗客に対し、次のように告白した。
「皆さん、コックピットから締め出されてしまいました」

原因はドアの故障。機長がトイレから戻った時、ドアがコックピットの内側からも開かなくなったという。

その言葉を聞いた乗客は、動画では比較的冷静に受け止めていたようだが、内心は不安が募ったにちがいない。

全ては副操縦士の腕に託される

すでに目的地まで半分の距離を飛行していたが、旅客機は緊急信号を発し、近くのマッカラン国際空港へ向かった。当然、着陸は副操縦士に任されることになった。

もともと日本の航空法でも副操縦士が機長に代わって操縦することに問題はなく、必要な訓練の1つとして日常的に行われている。

ただし離着陸時の操縦に関しては、ある程度の経験を積む必要があるために、横風が強い場合や天候不良の時は、機長が操縦することが多いとされている。

また副操縦士が旅客機を操縦する場合は、たいてい機長のアドバイスや指示を受けることになる。

着陸成功に機内が歓声に包まれる

しかしデルタ・エアラインの副操縦士は制御装置を使い、機長の支援なしに、緊急着陸を見事に成功させた。

その瞬間、機内に大歓声が上がったと言われている。

クルーの話によれば、故障したドアは出発前の点検でも、メカニックによりしっかりチェックされていたという。しかし点検されていたとすれば、なおさら重大な問題と言える。

このことを受けて、空港の広報官は「この事件は深刻に受け止められています」と語った。

機長が乗客に説明する様子を捉えた動画が、下になります。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=YIVFQY0doYg[/youtube]
YouTube/Curry Russe

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking