「長寿と繁栄を!」レナード・ニモイさん死去。最後にMr.スポックの言葉

Text by

  • 0
Facebook/STAR TREK

Facebook/STAR TREK

SFファンにおなじみのドラマ「スタートレック」で、Mr.スポック役を演じた俳優のレナード・ニモイさんが亡くなられた。83歳だった。

死因は慢性閉塞性肺疾患。気道が狭くなり呼吸が困難になる病気と見られている。

2月27日、自宅で亡くなる

ニモイさんは以前から深刻な肺の病気にかかっていると告白しており、2、3カ月前から何度も、病院で入退院を繰り返していた。

2月の第3週になると、酷い胸の痛みに苦しめられ、2月19日には、ロサンゼルスにあるUCLAメディカル・センターへ救急搬送された。

その後、治療を受けて退院するが、2月27日の朝、ロサンゼルスのベル・エア地区にある自宅で息を引き取った。

30年も前にタバコをやめていた

ニモイさんが侵された慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、タバコの喫煙によって引き起こされると言われ、長い時間をかけて気道を狭め、呼吸困難を招き、絶え間なく咳を引き起こし、胸部の感染症にかかる場合もあるとされている。

そして近年、JFK空港で目撃された時も、ニモイさんは車椅子に乗り、酸素ボンベを取り付けるなど、とても衰弱した様子だったと言われている。しかし実は、彼はかなり前にタバコをやめていた。

ニモイさんはツイッターの中で「私は30年も前にタバコをやめていた。しかしCOPDにかかってしまった。おじいさんに言わせてほしい。『今すぐタバコを止めなさい!』」と語っている。

「長寿と繁栄を!」Mr.スポックの言葉を引用

また彼は肺の病気だけではなく、多くの病と闘ってきたようだ。実際、2010年には腹部の手術を受ける。そして公式に引退を表明した。

しかしそれでも彼はスクリーンに復帰する。2011年には「トランスフォーマー/ダークサイドムーン」で声優を務め、2012年にはSFドラマ「フリンジ」の中でウィリアム・ベル博士を演じ、好評を博した。

さらにネット上でのいじめに立ち向かうため、ツイッターのキャンペーンを立ち上げるなど、精力的に活動を行っていた。

そんなニモイさんが2月22日に、最後のツイッターを行った。その中で彼はいつものように、Mr.スポックがよく使っていた言葉を、メッセージの最後に引用した。

「人生とは庭のようなものだ。完璧な瞬間を手に入れることはできる。しかし長続きはしない。それでも記憶の中に残り続ける。長寿と繁栄を!(LLAP)」

ご冥福をお祈りする。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking