オレゴン州で家が丸ごと盗まれる。その後発見されるも、目的は謎のまま

Text by

  • 3
Flickr_Gary Randall

Flickr_Gary Randall

世の中にはさまざまな泥棒がいるが、アメリカには、とんでもないものを盗んだ者がいる。

それは家だ。しかし保安官は犯人らの動機や、盗み出した方法について困惑している。

タイヤもついていない普通の一軒家

2月24日、オレゴン州の保安官事務所に 家が消えたという連絡が入った。クラマス郡のフランク・スカラ保安官はさっそく調査を行い、その後の記者会見で写真を公開した。それはログハウス調の家で、広さは111平方メートルもあった。

保安官は「この家は完全に泥棒に盗まれました。しかしこれはキャンピングカーのような移動式の家ではありません。普通の一軒家です」と語った。

さらに記者から家にタイヤが付いていたのか、と尋ねられた時、スカラ保安官は写真を掲げ「それはありません。写真を見ればわかるように、この家は基礎の上に建っていました」とコメントした。

幸いなことに家のオーナーは、ずっとそこに住んでいたわけではなく、当時は在宅していなかったため、連れ去られることはなかった。

約20km離れた場所で発見

その後、消えた家は発見された。幸運なことに壁や柱など、傷ついている個所はなかった。しかしそれは、元の場所から約20kmも離れていた。

スカラ保安官は家がどうやって運ばれたかについて、「誰かが基礎を崩し、ジャッキで持ち上げた。その下にトレーラーを配置し、家を下におろし、運んでいったと考えています」と取材で述べた。

また名前は明かさなかったが、この事件で数人の容疑者とみられる男の存在を確認しているとした。

最後に彼は「保安官という仕事を40年も続けてきたが、このような事件は聞いたこともない。まさにクレイジーだ。誰が家なんか盗もうとする?」と呆れながら語った。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking