【衝撃映像】クルド人少女がマシンガンを発射。「ISISを400人殺した」と笑顔で告白

Text by

  • 20
YouTube/Kurdish YPG

YouTube/Kurdish YPG

シリアにおけるISISとの戦いの最前線で、ショッキングな動画が撮影され、YouTube上で紹介された。そこには幼い女の子が、実際に機関銃を撃つシーンが映されている。

「ISISを400人殺した」

映像に映っているのは、6歳くらいのクルド人の少女。

会話を翻訳したVocativ.comによれば、撮影者の男が少女に「何人のダーイシュ(ISISを指す呼び名の1つ)を殺した?」と質問したところ、彼女は「うーん」としばらく考えてから、4本の指を上げて「400人」と微笑みながら回答。

その後少女は、7.62mm口径のカラシニコフ機関銃の引き金に腕を伸ばし、躊躇なく発射する。

自らの地域を守る意識が強い

動画には「Kurdish YPG」と記されていることから、彼女が所属しているのは、シリア北東部を守るクルド人の人民防衛部隊YPGと考えられる。

この部隊は3個旅団あり、約3割は女性兵士で構成され、1月26日にはISISから主要拠点のコバニを奪還し、その強さが世界中に知られるようになった。

これまでシリアのクルド人は、国家による人種差別や強制移住をたびたび強いられ、クルド語も使用禁止にされるなど、迫害の歴史を刻んできたとされる。そのため自分たちの地域は、自らの力で守るという意識が、大人や子供も含めて強いのだろう。

ネット上では賛否両論

しかしYouTube上では、この動画を巡ってさまざまな意見が寄せられている。

  • 彼女はおもちゃと遊ぶべきだ。銃を撃っている姿を見て、私は良い印象をもてない
  • 女の子はよくやっている。自分の身を守ることを教わっているんだ。願わくば、彼女が銃を撃つ必要のない場所で暮らせることを祈る
  • これは本当に悲しい映像だ。少女が置かれた環境は分かる。確かにモンスターに対抗するのは簡単なことではない。しかし女の子が銃を手にして育てられるべきか
  • ISISに捕まるよりは、自分の身を守る方法を知ることは良いことでは?

確かにISISに捕まれば、女性や子供でも容赦なく殺害されてしまう。しかしもし400人の殺害が真実だとすれば、あまりにも冷酷な現実を映し出していることになる。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking