【史上最年少】15歳の少年が、1000光年離れた新しい系外惑星を発見

Text by

  • 0
Keele University

Keele University

これまでもアマチュアの天文学ファンが星を見つけたという報告はあるが、イギリスでは15歳の少年が新しい惑星を発見したことが話題になっている。

大学の研究体験で偶然に発見

その少年の名前は、トム・ワッグ君、現在17歳。彼は2年前の15歳の時に、キール大学の研究体験に参加する。そして1000光年離れたウミヘビ座銀河団の観測中に、恒星の前を惑星が通過する際の翳りを発見。未知の星が存在する可能性を突き止める。

そして2年間に及ぶ観測の結果、それが本物の惑星であることが確認された。これまでも1000個の系外惑星を多くの天文学者が見つけているが、ワッグ君はその中で史上最年少の発見者とみなされている。

新しい惑星は木星とほぼ同じ大きさ

彼の観測は、キール大学のWASPプロジェクトが集めたデータを基に、行われたという。このプロジェクトは、星のかすかな揺らぎを探すために、数百万の星が浮かぶ夜空をモニタリングするというものだ。

そしてWASPで142番目に発見されたという意味で、新しい惑星には「WASP-142b」という名前が付けられている。大きさはちょうど木星と同じくらい。恒星の周りをたった2日で一周するようだ。

しかし太陽系のものとは異なり、軌道の幅は狭く、恒星に面した半球は非常に熱く、逆に面していない部分は極度に冷えていると考えられている。

自らキール大学の調査内容を調べて参加

ワッグ君は以前から、科学に夢中になっており、キール大学に太陽系外惑星を研究する調査グループがあることを自分で調べ、研究体験に応募したようだ。

その後、学校の義務教育課程もオールAで卒業。将来は大学で物理学を勉強したいと考えているという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking