つぶらな瞳とピンクの身体がかわいすぎる!カリフォルニアで新種のタコを発見

2015年06月19日 14時05分

2015年06月19日 14時05分

YouTube/SciFri2
YouTube/SciFri2

サンフランシスコの南、モントレーの沖合で、新種のタコが発見された。しかもピンク色の身体をし、アニメのキャラクターのようにかわいい。

ダンボ・オクトパスに近い種類

このタコを発見したのはモントレーベイ水族館研究所の、ステファニー・ブッシュさん。彼女は450mの深海で、これを捕獲。調べてみると新種であることが判明した。

大きさは18cm。ゼラチン質の身体はピンク色で、頭部に翼のようなヒレがついており、足は8本ある。それを薄暗い海の底でパラシュートのように開いて移動。実際の映像がこちら。

彼女によれば、これはメンダコ科に属し、ダンボ・オクトパスに近い種類とされるが、大きさや形などが微妙に異なっているという。

捕獲した1匹が卵も産み、大切に保管

水族館の研究者らは、赤いライトを使って海底と同じ薄暗い環境を作り、非常に冷たい水槽の中で飼育している。

しかも捕獲されたタコのうち1匹が、卵を産んでおり、孵化を成功させるために、大切に保管されているそうだ。下が実際の画像。

YouTube/SciFri1

しかし卵がかえるには、3年はかかると見られている。

「カワイイ」という意味の名前を予定

当然、新種のためまだ名前は付けられていない。しかし発見者のステファニーさんは、容姿のあまりの可愛さから、このタコを「Opisthotheusis Adorabilis」(メンダコ科超カワイリス?)と名付けるつもりらしい。

確かにつぶらな目がかわいくて、ぬいぐるみのようだ。もしかしたら将来、日本でも人気が出て、飼いたいという人が増えるかもしれない。

注目の記事