ペットの体調を管理し、異常があればメールで教えてくれる医療用首輪が発売中

Text by

  • 1
Voyce

Voyce

飼っている犬や猫が病気で苦しんでいるかどうかが分かり、異常があれば飼い主に連絡してくれるという医療用の首輪が2種類発売されている。

体温や脈、呼吸、痛みなど常にチェック

1つはアメリカのメーカーが開発した「PetPace」。これはペットの首に取り付けるだけで常に体温や脈、呼吸、痛みなどをチェックし、何か異変があった場合には飼い主に電話やショートメール、Eメールで知らせてくれるというもの。

例えばてんかんを患っている犬などは発作を起こして卒倒し、意識不明になるが、これを付けていればわずかに足が痙攣したり、動作が止まったりするだけで連絡。また心臓が弱っている犬がかすかな発作を起こしても、すぐに知らせるそうだ。

またどのくらい運動しているのかという活動レベルや、カロリーの状況まで表示。これらの情報を含めたペットの健康状態を、常に獣医と共有しているという。

獣医による治療や薬の処方も受けられる

もう1つはI4C Innovations Incという会社が作った「Voyce」。これも同様にペットの状態を常にモニターしてくれるが、ワンランク上の「Voyce Pro」になると、手術後や長期間の治療が必要なペットに対しても、獣医による治療や薬の処方が受けられる。

Voyce Proは7月に発売されたのだが、メーカーはすでに100以上の動物病院と提携しており、緊急の場合にも対応できる体制を整えているようだ。

本体価格は2万円前後、月々1000円台

これら2つは3.6kg以上の犬や猫で利用可能。PetPaceは本体価格が149.95ドル(約1万7800円)、月々の利用料が14.95ドル(約1800円)。Voyceは本体が199ドル(約2万4000円)、月々9.5ドル(約1100円)となる。

PetPaceは2分おきから15分おきに常にチェックでき、受け取る情報量に応じてバッテリーも2日から8週間までもつという。フル充電は2時間で完了するそうだ。ただしバッテリーを節約するため、これらにはGPS機能はついていない。

愛するペットの体調が気になる方は、利用してみてはどうだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking