オフィスにはバイ菌がいっぱい…トイレのノブよりスマホやキーボードの方が菌が多いとの研究結果

Text by

  • 5
123RF

123RF

日常的に使っているオフィス。そこではどんな場所に、どのくらいの菌が潜んでいるのか?それを調べる研究が行われた。

トイレのタップよりもスマホが汚い

これに携わったのがオーストラリア、クイーンズランド大学の研究者たち。彼らはキーボードや受話器などオフィスのあらゆる場所から菌などを採取。それを培養した結果、次の通りになった。

男女共用トイレのドアノブ(出口側)

Flickr_IMBatUQ

 男女共用トイレの洗浄ハンドル

Flickr_IMBatUQ

 スマホ画面

Flickr_IMBatUQ

 キーボード

Flickr_IMBatUQ

 電話の受話器

Flickr_IMBatUQ

 キッチン作業台

Flickr_IMBatUQ

 受付ラウンジのソファ

Flickr_IMBatUQ

 オフィスの机

Flickr_IMBatUQ

 エレベーターボタン

Flickr_IMBatUQ

 これらの結果、最も菌が多かったのがキッチンの作業台、次いでスマートフォンの画面やキーボード、電話の受話器。少なかったのがドアノブや机、ソファとなった。

一番効果的なのは石鹸で洗うこと

この研究に携わったマット・クーパー博士は報告の中で「私たちの目的は、バクテリアが至る所にいるという意識を皆に高めていただくことです。そしてこれを防ぐ方法として、最も安く、効果的なのは水と石鹸で洗うことです」と語っている。

殺菌ジェルも有効な製品はあるが、99%消毒できると書かれていても、同様の効果に満たないものもあるという。その点、石鹸は確実に微生物やバクテリアを洗い落とすことができ、肺炎やインフルエンザ、下痢などの症状を抑える効果が高いそうだ。

人間の全身にバクテリアなどが住む

また同じく研究に携わったアリシア・エリオット博士は同時に、全てのバクテリアや微生物が人間に害をもたらすわけではないと語っている。

彼女は報告の中で「人の頭からつま先までバクテリアは住みついています。これらの大部分は人間にとって無害です。それどころか多くのメリットをもたらします」とコメントした。

今回の結果で身近なところにも微生物やバクテリアが潜んでいることが分かったが、過度に気にする必要はないようだ。ただ食事をする前にキーボードに触れていたら、石鹸で洗った方が無難かもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking