国民の「正直度」ランキングが発表、日本人は果たして何位?

2015年11月20日 14時02分

2015年11月20日 14時02分

123RF
123RF

国民の“正直さ”と経済的な発展には関連があるのか…?それを調べる実験が実施された。

世界15カ国1500人の被験者が参加

この実験を行ったのはイギリス、イースト・アングリア大学の研究者たち。

彼らは正直な国民性と経済発展の関係を調べるため、ブラジルや中国、日本、韓国、インド、アメリカ、スイス、ギリシャ、デンマーク、イギリス、トルコ、ポルトガルなど15カ国の被験者1500人に対し、2つの実験を行った。

1つは音楽クイズ。これは全ての問題に正解すれば報酬が与えられるもので、被験者は答えを調べるためにインターネットなどを使わないよう求められた。

しかし複数の問題のうち3つは、ほとんど答えることが不可能なほど難しい。そのため研究者は3つの問題のうち1つでも正解した場合、被験者がいかさまをしていると判断した。

コイントスで正直さを判定

さらにコイントスでの実験も実施。被験者は表が出ると3ドルから5ドルの報酬がもらえるとあらかじめ教えられ、コインを投げて表か裏かを申告する。

研究者らは表が出たと答えた人の割合が50%を超えた場合、正直ではないと判断してデータを比較した。

日本は音楽クイズで1位

この結果、音楽クイズで最も正直だったのが日本で、2位がイギリス。一番正直でなかったのがトルコという結果となる。

音楽クイズでのランキングは以下の通り。

  • 1位 日本
  • 2位 イギリス
  • 3位 アメリカ
  • 4位 デンマーク
  • 5位 スイス
  • 6位 南アフリカ
  • 7位 韓国
  • 8位 ギリシャ
  • 9位 アルゼンチン
  • 10位 ロシア
  • 11位 ブラジル
  • 12位 ポルトガル
  • 13位 インド
  • 14位 中国
  • 15位 トルコ

またコイントスで最も正直だったのはイギリスで、次はギリシャ。意外にも日本は最下位から2番目という結果になった。

コイントスのランキングは以下の通り。

  • 1位 イギリス
  • 2位 南アフリカ
  • 3位 ポルトガル
  • 4位 ギリシャ
  • 5位 スイス
  • 6位 デンマーク
  • 7位 トルコ
  • 8位 アメリカ
  • 9位 アルゼンチン
  • 10位 ロシア
  • 11位 ブラジル
  • 12位 インド
  • 13位 韓国
  • 14位 日本
  • 15位 中国

研究者によればアジアは全体的に正直な傾向にあり、コイントスで日本が低かったのは、この種のテストに対する文化的な見方や考え方(ギャンブルととらえるか、など)の特有性があるのかもしれないそう。

またギリシャや中国は、自分の国に正直な人間が少ないと見る傾向が強いとし、さらに1950年以前であれば経済発展と正直さとは強い関係があったとしている。

注目の記事