国際ロボット展2015が開幕、災害用ヒューマノイド・ロボットのデモも実施

Text by

  • 1
NEDO

NEDO

国際展示場の東京ビッグサイトで、12月2日に「国際ロボット展」が開催された。目玉は災害現場で働くヒューマノイド・ロボットの実演だ。

足場の悪い場所でも安定して移動

このロボットを出展したのが新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)。トンネル内での事故現場が再現された会場で、開発中の「災害対応用ロボット」の実演を行った。

NEDO

NEDO

登場したのは東京大学が開発中の高出力モーターで駆動する「ジャクソン」と、産総研の「HRP-2改」。

「ジャクソン」はガレキが散乱し天井が低くなっている場所で、両手をつき低姿勢で移動し、「HRP-2改」も足場の悪い所で安定した動きを見せ、バルブ開閉も行った。

過酷事故を想定したロボットたち

これらのロボットは東日本大震災での経験から、原発事故など人が踏み込めない現場での調査や復旧作業を担うために研究開発を進めているもの。

今年6月に米カリフォルニアで行われた米国防総省主催の、国際的なロボット競技会にも参戦。結果は産総研の「TEAM AIST-NEDO」が10位、東大「NEDO-JSK」が11位、「HRP2-TOKYO」が14位だったが、それでも日本のロボット技術の高さを示した。

50カ国のメーカーや研究機関が参加

「国際ロボット展」は2年に一度開かれ、今年で21回目を迎える。日本を含む約50カ国のメーカーや研究機関が開発した産業用やサービス用のロボットも集合している。

日程は12月2日から5日(土)までで、ホームページで事前登録を行えば誰でも無料で入場可能。またヒューマノイド・ロボットのデモは、一般向けにも1日1回行われる予定だ。

普段は決して見ることのできないロボットたち。興味のある方は東京ビッグサイト東ホールを訪れてみてはいかがだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking