ドイツの空港でフラッシュモブ!旅行客へ歌の贈り物が響き渡る

Text by

  • 1
YouTube/WDR

YouTube/WDR

ドイツの空港で利用者への贈り物として、突然合唱のパフォーマンスが行われ、美しい歌声が響き渡った。その様子を捉えた動画が話題となっている。

美しい歌声に魅了されていく

これを企画したのは、ドイツ公共放送局のWDR。彼らはケルン・ボン国際空港において、一般客を装った人々が突然公共の場でパフォーマンスを行う「フラッシュモブ」を計画し、利用者へ歌のプレゼントを届けた。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

まずは多くの人々が行き交うロビーにて女性が静かに歌いだし、そこに男性の声が重なる。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

やがて旅行客に扮していたパフォーマーも参加。次第に合唱へと膨らんでいく。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

ロビーに居合わせた一般の旅行客は困惑するも、次第に美しい歌声に魅了されていく。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

YouTube/WDR

YouTube/WDR

清掃員などの空港スタッフまで参加

やがてその歌が終わるやいなや、今度は通路を清掃していたパフォーマーらが「リトル・ドラマー・ボーイ」を歌いだす。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

人々の表情にも笑顔がこぼれる。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

YouTube/WDR

YouTube/WDR

ハレルヤの大合唱で空港が包まれる

さらに今度はカフェにいたパイロットと副操縦士が「ハレルヤ」を披露。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

それに合わせ少しずつ歌い手が加わり、最後は全員で大合唱。迫力のある美しい歌声が空港中に響き渡った。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

その場にいた多くの人が写真を撮影。彼らの歌声に聞き入った。

YouTube/WDR

YouTube/WDR

YouTube/WDR

YouTube/WDR

このパフォーマンスにはプロのオペラ歌手も参加していたという。そして動画は12月7日に公開されてから 7万8000回も再生されている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking