「誰か火貸してくれないか?」タバコをくわえたカササギがハードボイルドすぎる

Text by

  • 0
Twitter/WillMcHoebag

Twitter/WillMcHoebag

タバコをくわえているカササギの写真がツイッターに投稿され、話題を呼んでいる。

投稿後に2000以上もリツイートされる

この写真を撮影したのは「Will McStardust」さん。彼はイギリスのマンチェスターの通りで、カササギがタバコをくわえてポールの上に止まっている姿を目撃。

それを撮影し、ツイッターに投稿した。

すると写真を見た人が、次々とリツイート。その数は2000以上にも及んだ。

中には「マンチェスターのカササギも軟弱になった。私が若い頃、彼らは巻きタバコを吸っていたよ」や「マンチェスターのカササギ、まさにハマっている!」というコメントも。

ちなみにカササギは以前にもタバコをくわえて火をつけてもらおうとしている様子が目撃されていたそうで、そのときの写真も浮上。

このカササギが今回のカササギと同一人物(鳥)なのかはわからない。

他の鳥よりも脳が大きく、好奇心が強い

カササギとはカラス科の一種で、他の鳥よりも脳が大きく、鏡に映った姿を自分だと認識できるそう。

そのためか好奇心も強く、色んなものをくわえて逃げることから、英語のカササギ(magpie)は「収集癖のある人」や「泥棒」といった意味でもつかわれている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking