電車内で暴れる男…乗客が怯えるなか老婦人がとった行動に称賛の声が殺到

Text by

  • 1
Facebook/Ehab Taha

Facebook/Ehab Taha

電車の車内で暴れている男に老婦人が手を差し伸べ、彼の心を落ち着かせたという心暖まるストーリーが話題となっている。

地下鉄の車内で突然、男が喚き始める

この話をフェイスブックで紹介したのは、カナダのブリティッシュ・コロンビア州に住むEhab Tahaさん(26)。彼は1月28日に、バンクーバーからサリー駅へ向かう「Skytrain」という電車に乗っていた。

しかし同じ車内で黒い革のジャンパーを着たスキンヘッドの男性が突然、大きな声を張り上げたとか。

しかもその行動は次第にエスカーレート。罵声を浴びせたり叫んだり、攻撃的な態度を見せるようになっていく。Tahaさんによれば、男は明らかに薬物中毒か精神的な問題を抱えているように見えたという。

老婦人が男の手を握り、落ち着かせる

多くの乗客たちは怯え、Tahaさんもその場から離れようと判断。しかし次の瞬間、70歳くらいの老婦人が男のもとに近づくと、腕を伸ばし、彼の手を握り始めたそう。

その後も彼女がしっかりと手を握り続けていると、男は少しずつ気持ちを落ち着かせ、やがて目には涙が。そして駅に着いた時、男は「Thanks, grandma(ありがとう、おばあちゃん)」と囁いて電車を降りていったという。

I saw the most incredible display of humanity on the sky train. A six foot five man suffering from drug abuse and\or…

Posted by Ehab Taha on 2016年2月2日

 「彼には寄り添える人が必要だった」

Tahaさんはその後、老婦人に近寄り、なぜあのような行為に及んだのか尋ねたとか。すると老婦人は「私も1人の母親です。彼には心に寄り添える誰かが必要だった」と語り、目に涙を浮かべたという。

Tahaさんは老婦人らのプライバシーを尊重したいと考え、当初はこの話や写真を公にしたくはないと考えていたそう。しかし今回の出来事を自分の記憶に刻みたい、という思いからフェイスブックで公表することを決心。

その結果、多くの人が関心を示し、現在までに3万1000人以上がシェアすることに。

またこのエピソードを読んだ人からも「信じられないほど素晴らしい女性だ」や「心暖まる話だ」「美しい」「驚きだ」「Ehab、投稿してくれてありがとう」というコメントが多数寄せられている。

Tahaさんはフェイスブックの投稿を「車内において見知らぬ人を外見で判断し、怖がってはいけない。人生は全ての人々に等しく幸福を与えてはいない」という言葉で締めくくっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking