炎天下の車内は57℃!熱中症まで15分!? JAFの検証で判明

Text by

  • 8
Shutterstock

Shutterstock

日本自動車連盟(JAF)は炎天下に車内に残される乳幼児の事故が後を絶たないことを受け、夏場における車内温度の変化を検証、その結果を発表した。

実施日は2012年8月22日・23日の2日間。気温35度の炎天下、午後12時から4時間にわたって駐車条件の異なるミニバン5台で行われた。

その結果、エアコンを使用していない車内は最高温度57℃に達し、ダッシュボードにいたっては79℃まで上昇することがわかったという。これは黒い車体の場合だが、白い車体でも車内52℃、ダッシュボード74℃で、人体に危険な温度に達するという点では変わりなかった。

窓を3センチ開けた状態でも車内の最高温度は45℃で、サンシェード装着時でも50℃と、人や動物が耐えられない温度に上昇する。

エアコン作動時では27℃に留まるが、誤操作の危険性や燃料切れでエンジンが止まる可能性もあり、排ガスなどの環境面への影響を考えると有効な対策とはいえない、とJAFは分析している。

また、熱中症指数は窓を閉め切った状態では、エンジン停止後わずか15分で人体にとって危険レベルまで達することが判明。エアコンを停止した直後すぐに注意レベルとなり、5分で警戒レベル、10分で厳重警戒、15分で危険レベルへと移行する。

乳幼児は体温調節機能が未発達で、短時間でも体温が上昇しやすい。寝ているからとそのまま残していくと、5分後には乳幼児は熱中症の警戒レベルの状況に置かれることになる。また高齢者も加齢に伴って体温調節機能が低下するため、乳幼児と同じ配慮が必要だ。

ダッシュボード付近の温度上昇についての検証では、スマートフォンは“高温注意”の表示が出、一部の機能を除いて使用不能となった。100円ライターは2~3時間で亀裂が生じ、クレヨンは約1時間で黒色が溶け始め、約1時間20分で全色溶けて流れ出す結果に。

また卵をフライパンに割りいれてダッシュボードに置いてみたところ、約1時間で白身の回りが白くなり、約2時間で全体が白く固まったという。

どういう対策を講じても車内温度の上昇は防げず、短時間でも熱中症を引き起こし、最悪の場合、命にかかわることが実証されたとして、たった数分間でも車内に乳幼児を残さないように、とJAFでは呼びかけている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking