女性の9割が「バラが好き」!バラの香りは心だけでなく景気も動かす!?

Text by

  • 1
a1380_001293_m1

古くから女性に愛されてきたバラ。存在感のある華やかさから“花の女王”ともよばれ、バラの香りはリラックス効果だけでなく、美容効果もあるともいわれる。

ドクターシーラボが「バラの香り」についての意識調査を女性139名に実施したところ、「バラの香りが好き」と回答した人はなんと9割にのぼったという。

日常生活の中にバラの香りを「取り入れている」人は17%、「時々取りいれている」人が37%で、半数以上の人がバラの香りを日常的で楽しんでいる。

取り入れ方としてもっとも多いのが「ボディケアアイテム」35人。ついで「アロマオイル」21人で、リラックスタイムに心を落ち着かせるためにバラの香りを取り入れている人が多いようだ。

バラの香りの効果として何を求めているか聞いてみると、「リラックスさせる」が79人で圧倒的。ついで「気になる体のニオイをカバー」40人、「ホルモンバランスを整える」35人で、具体的な効果を期待している人が多い。

バラの香りのする人のイメージを質問したところ、75人が「エレガント」と回答。ついで「美しい」「魅力的」「高貴」の順。

かくも多くの女性にバラの香りが愛されるのには科学的な理由があるのだとか。バラの香りには女性に必要な成分が含まれており、ティーローズエレメントには安眠や鎮静効果、美肌効果があり、ネロールには女性ホルモンの分泌を促し、皮膚弾力を回復させる効果、ゲラニオールにも皮膚弾力回復効果があり、不安を抑えてくれる効果もあるそうだ。

2012年には、香りのない通常商品と比べてバラの香りがついたものは売り上げが倍違うという報道もあった。また、女性や家族連れに来てもらうために店内にバラの香りを流す店もあったという。今回調査を行なったドクターシーラボでもバラの香りの効用を生かした商品アクアコラーゲンゲル・スーパーモイスチャーEX ダマスクローズ(7800円)をはじめ、ボディソープやミストなど複数の商品を扱っており、バラの香りに着目している。

バラの香りを身につけてより魅力的な女性を目指すというのもステキな新習慣といえそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking