善意は連鎖する!?カナダ各地で他人にコーヒーおごるブーム発生中 その数なんと500杯

Text by

  • 0
a0011_000006_m11

カナダのコーヒーショップではコーヒーを大量購入し、他の人に提供するのが流行っているそうだ

ことの起こりはエドモントンのコーヒーショップ「ティム・ホートンズ」。一人の若い男性が訪れて、ラージサイズのコーヒー500杯分を注文し、後から来る500人の客に提供してくれと言った。スタッフはなぜそんなことをするのか尋ねたが、彼は多くを語らず、859ドルのコーヒー代金をデビットカードで支払うとすぐに立ち去ってしまった。この無料の善意を受け取った客は当然のことながら感激した。中には不審がり、レシートを見るまで信じない者もいたという。彼が購入したコーヒーが全て配り終えられたのは翌日の朝8時だった。スタッフはその動機について、自分の幸福を人と分け合いたいと思ったか、あるいは宝くじが当たったのだろうか、と考えたという。

このニュースに触発されたのか、カルガリーでもやはり500杯のラージコーヒーが後から来る人のために購入されたオタワでも同じことが起き、応対したショップスタッフは今回のようなことは初めてだ、とインタビューに答えている。オタワの男性も身元を明かしたがらなかったし、店もその意志を尊重したという。

この後も無料コーヒー配布は地域を超えて続いている。実行者の何人かはメディアで報道されてもいるが、インタビューには答えても匿名を希望する人もいるそうだ。なんとも心温まる善意の連鎖だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking