恋人選びで男は「年齢」、女は「見た目」重視の傾向あり!? 婚活サービス会社が分析

Text by

  • 2
Shutterstock

Shutterstock

婚活サービスを提供している株式会社IBJは「お見合いから交際への発展率」を調査した。対象は2012年8月1日~2013年2月28日の間にお見合いを申し込んだ20~40代の未婚男女で、お見合い成立数と交際成立数とを分析した。総お見合い成立件数は3万7690件、交際成立件数は4763件。

お見合い快諾率は全体で6.6%で、男性5.8%、女性7.8%となっている。年とともに男性は緩やかな下降線を描くのに対し、女性は20代をピークに30代後半までは急落する傾向にある

株式会社IBJ

 

お見合いをしてから交際に発展する割合は12.6%。9回お見合して1人と交際まで発展する計算になる。もっとも割合が高いのは男女ともに30代前半。緩やかに数値が下がっていく女性と比べて、男性は40代に入ると急降下し、40代後半にはピーク時の約半分となる9.3%まで下がる。

株式会社IBJ

 

同社の総合婚活プロデューサーの北野貴子氏の分析によると、男性が相手に求めるのは一番に「年齢」で、その次に「顔」を重視する人が多いという。見た目や出産適齢期だけでなく、若い方が素直で自分の言うことを聞いてくれる、といった幻想を強く抱くケースもあるからだそうだ。逆に女性は年齢よりも「見た目」を重視する傾向があり、頭髪問題や肥満などが進みやすい40代を境に快諾率が変化する原因となっている。

お見合いから交際への発展率はお見合い写真と実際に会った時のギャップが影響する、と北野氏は言う。女性よりも男性の方がギャップが大きく、特に40代を境にそれを理由にお断りされるケースが増えるのだという。また容姿だけでなく、人柄の影響も少なくないそうだ。40代男性の場合、お見合いが成立するのはスペックが高い場合が多いのだが、それが裏目に出、プライドが高かったり、自分を曲げられないといった印象を与え、交際に発展しないこともあるという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking